PCMAX体験談一覧

PCMAXでGカップ巨乳の彼女ができた体験談と具体的な戦略

何年か前にテレクラリンリンハウスのキャンペーンでPCMAXのアカウントを作成し、掲示板からアタックを繰り返していましたが、一般女性に出会えることはなく援デリ業者ばかりだったので理由を止めていました。

しかし、仕事が忙しくなってきたことで出張の機会が増えて、出先で風俗店に行きたく無かったので以前の経験から一般女性のみに狙いを定めて再度挑戦することにしたわけです。

PCMAXでメールアタック。11歳年下の歯科助手の子から返信が

掲示板を一切使わずにプロフィール検索から地道にメールアタックをする方法で返信が来た中に彼女(A子)がいました。

A子は26歳の歯科助手で、私は37歳の自営業者でしたから年齢差が11歳あったので、大人な関係をイメージしていましたが、あくまでも紳士的なメールから始めています。

A子にメールでアプローチを行った理由は、掲示板への書き込みを行っておらずプロフィール写真も無い状態ですが、登録から時間が経過していて初心者マーク表示が無くなっていたからです。

PCMAXにはピュアカテゴリーとアダルトカテゴリーがありますが、プロフィールにアダルトお断りと記載されていないことを確認していたので、全くのサイト初心者か隠れた原石かもしれないと予想しました。

基本的に数行のメールが気まぐれに返ってきたので、5通程度を1週間かけてやり取りした上で一度食事でもどうかと出張を理由に誘ってみました。

金銭のやり取りが発生せずに会える約束が出来れば、まずは一歩前進と考えられます。

SNSツールへ移行するように言われたら実際に会うまではPCMAX内で連絡することを宣言して、やり取りが続くようなら援デリ業者では無いと考えられるでしょう。

歯科衛生士の仕事は、シフト制で休みが不定期となっていることから、会社員の男性と休みが合わないという愚痴を聞きながら、歯科医院が休診日となる木曜日に会うことにしました。

ここは自営業者ならではの利点を生かして掛けてみることにしたわけです。

グラマー体系で笑い上戸の彼女とデート。当日はホテル誘わない

待ち合わせ前日確認をして、当日朝に互いの服装を連絡し合いました。前日連絡時では、服装が変更されている可能性があったからです。待ち合わせ場所は出張先の駅前で人通りが多い場所を指定しました。

A子はベージュのプリーツスカートに茶色のバッグを持っていると連絡があったので、私はグレーのスラックスに淡い色合いのシャツを合わせてひと目でA子からも分かるようにしたので、100メートル離れていてもすぐに互いに分かりました。

最初からファッション性よりも互いに待ちぼうけとならないようにすることを前提とした約束をしていたので、初顔合わせ時は多少ファッション性が怪しくても笑わないことにしていました。

しかし、A子は最初から笑っていたので、着こなしがまずかったかと思ったのですが、どうやら笑い上戸だったようです。

普通体型よりもややグラマーな体系ですが、ウエストのくびれがしっかりとしているので、歯科助手としては患者にとってフェロモンが強く感じられないかと思ったくらいです。

昼前に待ち合わせしていたのですが、昼食には時間があったのでカフェに入って互いの自己紹介から始めました。

お洒落なカフェの多くが既に全面禁煙となっているので、互いに非喫煙者であることを確認する意味合いがあります。昼食で失敗しないためにも、A子の意見を尊重して決めることが良いと考えたわけです。

最終的に和食のお店へ行くことが決まったので、昼食を共にしながらゆっくりと話をしています。午後はショッピングに付き合い、初日はSNSの連絡先を交換して終了としました。

2回目のデートでセックス。Gカップ爆乳を堪能して付き合うことに


(Gカップの参考例)

実は最初からホテルに誘わないことは、作戦でもあったのです。

SNSで連絡をするようになると、互いにメール数が増えると予想出来ましたが、無理に既読返信を急がなくても良いと初顔合わせ時に宣言しています。

なぜなら、紳士的な態度を取るだけでなく、心理的な負担が増えることは関係を発展させる障害となるからです。

A子にとって警戒心を抱かなくても良い相手になることが最優先ですが、次回に会った時にはホテルで大人の関係となったことは言うまでもありません。

後から知ったことですが、初回デートの時にもホテル行きを覚悟していたようですが、スルーされてしまい一晩悶々としていたそうです。

焦らし効果があったのか、2回目のデートでは連休となる日を選んで終電を逃すパターンに持ち込んで、ホテルへ誘う方法を取ったのです。

A子は1回焦らされていることから、ホテルの部屋に入るなり飛びついて来ました。

実際に抱き寄せてみると胸はGカップあったようで、普段はなるべく胸が強調されない服装を気を付けていることに驚きました。

A子が言うには、内面を見て欲しいから外見で判断されたくなかったわけですが、グラマラスな部分を全部隠すことは出来ないでしょう。

年甲斐もなく朝までに抜かず3発をキメてしまい、正式に付き合うことになりました。

PCMAXで一般女性を探す際には、掲示板に書き込んでおらずプロフィール写真も無い女性を狙うと良いでしょう。

互いに浮気防止のために、スマートフォンからPCMAXを消して、更に退会処理をして現在に至っています。


PCMAXで出会った性欲が強すぎる人妻とのW不倫体験談

31歳既婚、まだまだ性欲を持て余してるので、暇があれば出会い系をしています。

よく知り合えるのが、同世代前後のいわゆる人妻たち。

話してみると旦那が嫌だとか、姑が辛いとか、昔からある嫌なことを忘れるための現実逃避の一つとして、出会い系に走る人も少なくないらしい。

その時お世話になった出会い系はPCMAX。熟女出会い系マニュアル(http://xn--n8j214gc5bvul8p5awio.jp)←このサイトにも書いてあるように、ネットでも人妻と出会えると評判です。

いくつかの出会い系をやっているのですが、サイト・スマホともにシンプルで掲示板が使いやすく、サクラのようないかがわしい女性もそんなに居ない印象。

まあたまに変なのがいていざ会うと・・・・とまぁここから先は経験者なら分かることなので伏せておきます。

人妻で同い年の31歳のゆかりさんは、どちらかというと美人なタイプで大人しそうだけど、話すと結構サバサバしていて話しやすい人でした。

胸はCカップで育児最中、「子供に吸われた胸がいやなんだよね」と自信なさげに嘆いていました(笑

そんなゆかりさんとは「都内でかるくランチできる人居ません?」というアダルトではない募集がきっかけでした。

これは狙い目かもとさっそく連絡を取ってみると、同じような趣味がある人で映画の話や今見てるドラマの話などで盛り上がり、メッセージのやり取りが止まりませんでした。その分ポイントも減ってしまったので辛いところでしたが。

そしてなんとか翌日に会うことに決まり、とある駅前で待ち合わせることに。

どんな人が来るのかな?と期待していたのですが、お互い画像を出していたのもあり、お互いにすぐに分かりました。

若干緊張しつつランチができそうお店を探しつつ、街中をフラフラすることに。

繁華街ではあったものの、お互いに地元ではなかったので、自然と手をつないでデート感覚でランチができるお店に入ることに。

そこでは食事とスイーツを食べた後、彼女の抱える問題や家族への日ごろ言えない愚痴がわんさかでてきて、聞くのも疲れるほどでした。

聞けば主に旦那のことで、そんな旦那の親とも合わず、終始「なんで結婚しちゃったんだろう」と言っていました。

そんな彼女の話を笑い飛ばしながら、優しくよしよししてあげ、彼女をリラックスさせて信頼してもらえるように良い人キャラに徹していました。

すると、彼女のほうから「LINE交換してまた時間ある時に話聞いてほしいし!遊ぼう!」と提案してきてくれたので。これはイケる!と確信。

話題が落ち着いてきたタイミングでさりげなく、「じゃぁ旦那とはしてないんだ?」と話しを振りました。

「んーまったくというかしたくない!子供できたら嫌だし!!」

と即答する彼女。

「じゃぁ俺と子供作る?ってごめんこれは言いすぎたかw」

「え?・・・それはダメだけど、興味はあるよ?」

と思わせぶりな返答がきたので、

「じゃぁとりあえず映画でも見に行く?」

「え?」

「DVD借りてラブホにでも?」

「えー下心丸見えだけど・・・・まぁいいよ!」

となり、会う前にやり取りしていたお互いのおすすめの映画をそれぞれ見ることになり、駅途中にあったDVDレンタルショップへ。

終始手をつないでイチャイチャしながらDVDレンタルショップを回り、そこからは次の目的地であるラブホを探すことになりました。

スマホで検索し、大画面でDVDが見れる設備があるラブホを見つけ出しラブホに到着。

「なんだろ改まって緊張してきた・・・」

ラブホのロビーというのはいつきてもソワソワしてしまうもので、彼女は小声でそんなことを耳元で囁いてきて今すぐにでも抱きしめて押し倒したい気分でした。

しかしまだ部屋にもついてなかったので我慢し、鍵を受け取り部屋に行くためのエレベーターで上の階へ。

「ねぇ・・・していい?」

「・・・いいよ」

と、エレベーターの扉が閉まった途端にキスをせがまれ、割と激しめにキスでお互いの気持ちはかなり高揚。

エレベータを降りてすぐ、そのままなだれ込むように部屋に入り、服も脱がずにまた何度もキス。

ものすごく積極的な彼女の行動に正直驚いたのですが、すべてを受け入れることにして、そのままベッドの上で着たい服を脱がしあいながらイチャイチャし続けました。

その時思ったのは、人妻ってほんとに性欲がすごいなってこと。

そのタイミングで挿入はせずにただ前戯を重ねて素肌で何度も密着し、汗だくになりながらキスにハグに手でいじめたりフェラされたりと、濃厚な時間を過ごしました。

「もっとしたいからお風呂でしよ?」

「そうだね〜じゃぁお風呂入れてる間DVD付けとく?」

「そうだねぇ〜せっかく借りたし見よう!!」

とそれぞれイチャイチャしながらも支度をしつつ、お湯が溜まるまでは布団の上でDVDを見ることに・・・のはずでしたが、DVDは音声のみを聞きながら、エンドレスのイチャイチャが始まってお風呂でも止まらず。

風呂上がりにも求められ、何回したか忘れるくらいお互いにヘトヘトになりながら家に帰りました。

本当に人妻ってスゴいんです。次は栄養ドリンクを飲んで臨もうと思います。


PCMAXで顔も年齢も知らない16歳年下の美女と出会い、彼女ができた体験談

私は39歳独身の男性で、毎日職場と家を往復するだけの生活をずっと続けてきました。

彼女とも20代の頃に別れて以来、仕事で昇進したことがきっかけでずっと独身生活を送っていました。初めは独身貴族を謳歌していましたが、だんだんと寂しくなり、いつもまにか出会いを求めることもなくなっていたのです。

ある時ケガをしたことがきっかけで仕事を辞めることになったので、今まで頑張ってきた分、数か月間はゆっくりしようと決めました。しかし時間があっても一人では何をしてもつまらないく、すぐに飽きてしまいます。

そんな時にネットで見つけたのがPCMAXという出会いサイトでした。

40歳目前で独身生活に焦り、出会い系に登録

私はまったく興味が無かったのですが、ホームページを見ていると、『新しい出会いは人生を楽しくする』というフレーズが目に飛び込んできました。

それを見た時に独身で40代になろうとしていたので、急に焦りを感じたのも事実です。サイトへ登録してみると、思ったよりもスムーズに進み、すぐに連絡を取り合えようになりました。

初めは無料ポイントで楽しんでいましたが、追加でポイントを購入するまでハマってしまいました。何人かと連絡を取り合うようになりましたが、その中の一人とかなり長く連絡をとるようになったのです。

私は顔写真と年齢は公表していましたが、相手は何も公表していなかったので、サクラかと思っていました。

しかし話もよく合いますし暇な時間もあったので、疑似恋愛を楽しもうと思ったので、そのまま彼女と長く話をするようになったのです。

すると、相手から急に「会いたい」というメールをもらうことができました。

お互い顔も年齢も分からない状態で待ち合わせ、まさかの年下美女

相手の写真は無かったので不安でしたし、私も39歳という年齢だったので、会うのがとても怖かったです。

正直サクラだと思っていたこともありますし、私の年齢を考えると40歳近くの女性だと思っていたので、友達にはなれると思いました。

それでも新たな出会いとして話ができればいいと思い、相手の休みの日に会うことにしました。

待ち合わせは私に任せると言っていたので、家から近くの駅にしました。駅の改札を出た所に広場がありますが、そこで待ち合わせをすること。

私は相手の顔も年齢も分からないので、とにかく待つしかありません。

お昼前の約束の時間が近づいてくると、改札から歩いてきた女性が私の方に向かってきました。

遠目から見ても若い女性で、スタイルも良いので私も普通に目がいってしまったのです。するとニコッと笑ってくれ、私の方に近づいてきました。案の定その可愛らしい女性がメールの相手です。

私はとりあえず挨拶もろくにしないまま、近くのカフェで食事をしました。そこで改めて自己紹介をし、お互いの事を話し始めたのです。

彼女は23歳で私とは16歳も年の差がありました。160cm近くスレンダーな感じて、ワンピースを着ているのでもっと若く見える印象です。色白でおっとりした感じは、可愛らしい女性としか思えませんでした。

まさかこんな若くて可愛い女性とメールをしていたとは思ってもいなかったので、急に緊張してきました。

彼女は小さいときから社交ダンスをやっていたので、周りの男性が年上ばかりだったことから、年上男性しか興味が無かったようです。

彼女とカフェで話をした後、もっと私の事が知りたいというので、場所を変えることにしました。

彼女は「できれば私の家に行きたい」というのです。

私の方が驚きましたが、メールでのやり取りをして誠実な人だと分かったし、実際に会って話をしたらもっと信頼できると言ってくれたのです。

彼女はメールで私の事が好きになっていたようで、本気で付き合いたいと思っていたのです。

即自宅へ連れて行くも手は出さず、正式にお付き合いへ

断る理由もなく彼女を家に連れて行きました。

ごく普通のマンションですが、一人暮らしが長いので掃除もしっかりしていますし、料理するので部屋は常に綺麗にしてあります。

彼女は私の事を気に入ってくれたようで、その後はいろいろと部屋で話をしていました。軽く飲みながら話をしていたので時間の感覚も無くなり、いつの間にか終電の時間が近づいていたのです。

私としてはこのままお泊りをして関係を持ちたいと思いましたが、相手が本気で付き合いたいと思っていますし、信頼されているので我慢することを決意しました。

彼女を送って行くと言うと寂しそうにしていたので、そのつもりで彼女も来ていたことが分かりました。

しかし私も彼女と話をしていて年の差を考えずに、付き合いたいと思ったので、しっかりとした手順で付き合いたいと言いました。

彼女は私の誠実な態度に本気度で付き合うことを考えてくれていると思い、次に会う約束をして駅まで送っていきました。

その後はラインで連絡を取り合うようになり、正式に次にデートをした時に私の方から付き合ってほしいとお願いしました。

返事はもちろんOKだったので、その日から年の差カップルとして付き合うようになりました。私はほどなくして彼女の家の近くで新たな仕事を見つけ、それをきっかけに一緒に住むようになりました。

彼女も出会い系サイトは信用していなかったようで、今回私と会えなければ止めようとしていたようです。

初めはお互い乗り気ではなかった出会いサイトで、運命の人を見つけることができたので、とても感謝しています。


失恋後で傷心中の女の子は簡単にヤレる!お嬢様系女子と即ハメした体験談

私が少し前に、出会い系サイトでセフレを見つけた時の体験談をお話しします。

PCMAXで年下のお嬢様系女子とマッチング

当時は24歳、私は美容師をしていました。

私の外見は美容師というと派手な見た目を想像するかもしれませんが、黒髪で短髪、体格は痩せ気味で特に派手という事もありません。外見には気を使っていたので、見た目が悪いという事はなかったと思います。

出会った相手は21歳の小柄の女性で、黒髪で色白、あまりちゃらちゃらしたような外見の女性ではなく、むしろ清潔感のあるお嬢様のような女性でした。

実際に話した感じも正直、出会い系をしているような女性には見えないような感じでした。

体系は女性らしい、丸みのある体系で太っているという事はなく、出るところは出ているような感じです。実際に本人から聞いた話では、胸はDカップです(笑)

出会いのきっかけとなったのは、PCMAXというサイトです。スマホ上で相手から連絡が突然夜中に来て、雑談が始めりました。

最初は相手の年齢とか、何をしている人なのかという話から始まり、住んでいる場所とか、なんで連絡くれたのとかというような話をしました。

話をしてみると、実際に私が住んでいた場所の近くに住んでおり、タクシーで15分程度の場所だという事がわかりました。

私は早速、会いたいなぁ~と遠回しに言ったりして相手の反応を見ていました。

すると、相手もまんざらでもないような感じだったので、タクシー代を払うから、今から俺の家に来ない?という話をもちかけました。

相手も了承して、タクシーで来るという事で相手の連絡を待っていました。

マッチングして3時間での出会い→セックスという超神展開

大体30分後でしょうか、マンションの下に来たよという連絡が入り、ベランダから見ると本当に女性がいたので下まで行って話しかけました。

○○ちゃん?というと「はい。」というので、本当に来てくれたんです。それからは自分の部屋に連れて行って、本当に来てくれると思わなかった!という話をしました。

深夜に連絡がきて、その日のうちに家まで来てくれたのですから、正直自分でもびっくりしてました。だって連絡がきてしょうみ、3時間程度でこんな場面になってしまったので、正直私も緊張はしますよね…。

でも実際に話してみるとやっぱり年下の女の子っていう感じで、すぐに打ち解けて楽しい時間になりました。

最初は他愛ない話とか、なんで来てくれたの?とかそういう話をしていましたが、だんだんと男と女なのでそういう雰囲気になってきました。

私は最初ボディタッチをだんだんと多くしていき、最終的に「胸おっきいね」とかそういう下の話を持ちだして、相手の反応を見ました。

相手もちゃんと質問に答えてくれて、嫌そうな感じではなかったので、一緒にソファーに隣に座り、胸を触ったりしてだんだんとそういう気持ちにさせていきました。

相手もだんだんと表情がとろんとしてきて、自分に寄り添ったり恥ずかしそうにしていたので、私も興奮してベッドまで連れていきました。

ベッドに連れていくと相手ももう了承済で、キスしてきました。

すっごく清楚な女性で出会い系を利用しているような感じではなかったのに、キスがものすごく激しくてエロい女性だったんです。

見た目とのギャップがあるからなのかもしれませんが、かなり激しいキスでこっちも興奮してしまい、だんだんと服を脱がせて下の方を触っていくと、もうすでに濡れていたので、言葉攻めや激しい前戯を行うとすぐに感じて絶頂を迎えてくれました。

最終的には自分も我慢できず、挿入してゴム付きで中に出したのですが、彼女のギャップに終始興奮しっぱなしでした。

失恋後で傷心中の女の子はかなり狙い目

終わった後に、「かなり行動力あるよね」「けっこうこういう所利用しているの?」っていう話をしたのですが、その時女性は好きだった相手に振られちゃって、傷ついていたと教えてくれました。

だから、そういう時にとっても寂しい気持ちになって優しくしてくれる男性と出会いたかったという事を教えてくれました。

確かに、過去に出会った時も同じ状況で実際にすぐに会ってそういう事をしちゃった経験は私自身何度かあったので、女性の心理としては忘れたい時や、傷ついている時に優しくされちゃうと体を許しちゃうんだっていうのも理解できました。

その後も継続的に会ったりして、あったらしちゃうようなセフレの関係が長く続きました。

出会い系をしている女性って基本的にはどこか寂しい気持ちがあったりして、誰かに話しを聞いてもらいたいだとか、そういう事を期待して登録してるという話も聞いたので、基本的には連絡をくれる女の子とか、連絡を返してくれる子っていうのはそういうチャンスが多いにあるっていう認識を持ってもいいんだなと感じました。

この体験の後も、私は出会い系で何度も女性と会ったりしており、基本的に継続的に会ってくれる女の子が多いです。

やっぱり相手も寂しいですし、都合の良い関係なので、気楽に付き合えるのが一番の利点です。

外見とか関係なく、それよりは性格とか、連絡をまめにしてくれるかどうかという所が一番気になるという事だったので、興味があれば一度出会い系サイトを利用してみませんか?

けっこうおいしい思いできると思いますよ。