PCMAXで顔も年齢も知らない16歳年下の美女と出会い、彼女ができた体験談

私は39歳独身の男性で、毎日職場と家を往復するだけの生活をずっと続けてきました。

彼女とも20代の頃に別れて以来、仕事で昇進したことがきっかけでずっと独身生活を送っていました。初めは独身貴族を謳歌していましたが、だんだんと寂しくなり、いつもまにか出会いを求めることもなくなっていたのです。

ある時ケガをしたことがきっかけで仕事を辞めることになったので、今まで頑張ってきた分、数か月間はゆっくりしようと決めました。しかし時間があっても一人では何をしてもつまらないく、すぐに飽きてしまいます。

そんな時にネットで見つけたのがPCMAXという出会いサイトでした。

40歳目前で独身生活に焦り、出会い系に登録

私はまったく興味が無かったのですが、ホームページを見ていると、『新しい出会いは人生を楽しくする』というフレーズが目に飛び込んできました。

それを見た時に独身で40代になろうとしていたので、急に焦りを感じたのも事実です。サイトへ登録してみると、思ったよりもスムーズに進み、すぐに連絡を取り合えようになりました。

初めは無料ポイントで楽しんでいましたが、追加でポイントを購入するまでハマってしまいました。何人かと連絡を取り合うようになりましたが、その中の一人とかなり長く連絡をとるようになったのです。

私は顔写真と年齢は公表していましたが、相手は何も公表していなかったので、サクラかと思っていました。

しかし話もよく合いますし暇な時間もあったので、疑似恋愛を楽しもうと思ったので、そのまま彼女と長く話をするようになったのです。

すると、相手から急に「会いたい」というメールをもらうことができました。

お互い顔も年齢も分からない状態で待ち合わせ、まさかの年下美女

相手の写真は無かったので不安でしたし、私も39歳という年齢だったので、会うのがとても怖かったです。

正直サクラだと思っていたこともありますし、私の年齢を考えると40歳近くの女性だと思っていたので、友達にはなれると思いました。

それでも新たな出会いとして話ができればいいと思い、相手の休みの日に会うことにしました。

待ち合わせは私に任せると言っていたので、家から近くの駅にしました。駅の改札を出た所に広場がありますが、そこで待ち合わせをすること。

私は相手の顔も年齢も分からないので、とにかく待つしかありません。

お昼前の約束の時間が近づいてくると、改札から歩いてきた女性が私の方に向かってきました。

遠目から見ても若い女性で、スタイルも良いので私も普通に目がいってしまったのです。するとニコッと笑ってくれ、私の方に近づいてきました。案の定その可愛らしい女性がメールの相手です。

私はとりあえず挨拶もろくにしないまま、近くのカフェで食事をしました。そこで改めて自己紹介をし、お互いの事を話し始めたのです。

彼女は23歳で私とは16歳も年の差がありました。160cm近くスレンダーな感じて、ワンピースを着ているのでもっと若く見える印象です。色白でおっとりした感じは、可愛らしい女性としか思えませんでした。

まさかこんな若くて可愛い女性とメールをしていたとは思ってもいなかったので、急に緊張してきました。

彼女は小さいときから社交ダンスをやっていたので、周りの男性が年上ばかりだったことから、年上男性しか興味が無かったようです。

彼女とカフェで話をした後、もっと私の事が知りたいというので、場所を変えることにしました。

彼女は「できれば私の家に行きたい」というのです。

私の方が驚きましたが、メールでのやり取りをして誠実な人だと分かったし、実際に会って話をしたらもっと信頼できると言ってくれたのです。

彼女はメールで私の事が好きになっていたようで、本気で付き合いたいと思っていたのです。

即自宅へ連れて行くも手は出さず、正式にお付き合いへ

断る理由もなく彼女を家に連れて行きました。

ごく普通のマンションですが、一人暮らしが長いので掃除もしっかりしていますし、料理するので部屋は常に綺麗にしてあります。

彼女は私の事を気に入ってくれたようで、その後はいろいろと部屋で話をしていました。軽く飲みながら話をしていたので時間の感覚も無くなり、いつの間にか終電の時間が近づいていたのです。

私としてはこのままお泊りをして関係を持ちたいと思いましたが、相手が本気で付き合いたいと思っていますし、信頼されているので我慢することを決意しました。

彼女を送って行くと言うと寂しそうにしていたので、そのつもりで彼女も来ていたことが分かりました。

しかし私も彼女と話をしていて年の差を考えずに、付き合いたいと思ったので、しっかりとした手順で付き合いたいと言いました。

彼女は私の誠実な態度に本気度で付き合うことを考えてくれていると思い、次に会う約束をして駅まで送っていきました。

その後はラインで連絡を取り合うようになり、正式に次にデートをした時に私の方から付き合ってほしいとお願いしました。

返事はもちろんOKだったので、その日から年の差カップルとして付き合うようになりました。私はほどなくして彼女の家の近くで新たな仕事を見つけ、それをきっかけに一緒に住むようになりました。

彼女も出会い系サイトは信用していなかったようで、今回私と会えなければ止めようとしていたようです。

初めはお互い乗り気ではなかった出会いサイトで、運命の人を見つけることができたので、とても感謝しています。